未分類

世界史を勉強しました

04/21/2019

勉強をしました。中国は1997年に香港、1999年にマカオをそれぞれイギリスとポルトガルから返還され、経済成長とともに外交的成果をあげて注目されるようになりましたが、台湾をめぐる緊張はまだ続いています。日本はアメリカのレーガン政権がドル高・高金利政策をうち出したこともあって、対米貿易黒字を大幅に増大させていきました。また、1980年代にはこうして生じた余剰資金が投機的に流れ、土地や株式などが急激に高騰して「バブル経済」とよばれる状態になりました。しかし、1990年代になって「バブル経済」がくずれ、日本の経済は深刻な不況にみまわれるようになりました。また、1994年に社会党の村山内閣が成立したように、自民党による単独政権の時代から連立政権の時代に移行しました。こうして政党が分裂や合併をくりかえす傾向が強くなり、政界再編が続けられるようになりました。日本では急速に高齢化がすすみ、年金制度をふくめた社会保障制度の見直しをせまられており、経済や社会の構造的改革とともに、これからの日本の課題となっています。ルルシア